川崎ふたば幼稚園の日常など


by kfutaba

<   2017年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

めろん 外遊び

今日は雨のため、お部屋遊びでしたが、先週今週の外遊びの様子です!年長さんは、台車でお友達を乗せあいっこしていたり、春の自然を探したり、去年の年長さんにあこがれて、大縄やドッジボールをしたりといろんなことをして遊んでいます。
d0245035_07451426.jpg



何回跳べるかな?
d0245035_07450949.jpg
d0245035_07442641.jpg




ダンゴムシ何匹捕まえられたかな?
d0245035_07450136.jpg
d0245035_07444551.jpg


d0245035_07443749.jpg
d0245035_07441712.jpg
d0245035_07442234.jpg
d0245035_07440700.jpg
d0245035_07440271.jpg
d0245035_07434133.jpg
d0245035_07433589.jpg
ちいさいどんぐりみつけたよ!!




朝の体操で、先生になってくれる人ー?と尋ねると、先生になって前で踊ってくれました!
d0245035_07435243.jpg
d0245035_07434640.jpg
ちいさいお友達も先生になって一緒おどりましたよ。
 

by kfutaba | 2017-04-28 07:52 | 日常
4月20日にかぶとを折りました。

自分の身体よりも大きい新聞紙を扱うことに驚くぱいなっぷる組さん。
「大きいね〜!」と言ったり「何が書いてあるかなぁ」と興味を持つ姿も見られました。

d0245035_15282216.jpg

手順1の『三角に折る』ところが一番難しいようで「できない〜」と言いながらも
端を押さえておくと自分で折ることができたり、まっすぐ折り目をつけることを意識して「アイロンアイロン!」と声に出しているお友達も。
d0245035_15283547.jpg

最後にはかぶとに、名前シールを自分で貼ることにしました。
d0245035_15275858.jpg
持って並んだり
d0245035_15310283.jpg
被って並んだり。


作れたことに達成感を味わう子供達でした!
次の日には、担任が「年中さん、年少さんはかぶとの折り方がわからなくて困っているみたい…。」と問いかけると「折ってあげるよ〜!」と頼もしい声が上がりました。
「もう降り方知ってるから先生言わなくてもいいよ〜」なんていうお友達まで。


5月になったらプレゼントしようね。と楽しみにしています。
小さいお友達には秘密ですっ♪待っていてくださいね。




小野寺


by kfutaba | 2017-04-25 16:00 | 日常
お手紙や急いでメールなどで「ご自宅のおもちゃやシールなどは幼稚園におもたせにならないようにしてください」とお伝えしておりますが、子育て・教育エッセイストの立石美津子さんが園長の話を参考に記事を書いてくださいました。
とてもわかりやすく書いていらっしゃいますので、ぜひご一読ください。
立石さんは幼児教室を主催され、子育てや幼児教育に造詣が深く、記事はどれもためになります。また発達障害のお子さんをお持ちなので、そのような傾向のお子さんへの接し方も勉強になります。
ご著書も多いので興味のある方はどうぞ。



by kfutaba | 2017-04-24 12:06 | お知らせ
ご存じの方も多いと思いますが、万が一ミサイルが発射された場合の対応を総務省が発表しています。
頭に入れておくと良いと思います。



Jアラート(緊急警報)のサイレン音(聞き慣れておきましょう)


お子さんは1人では対応できません。外出は必ず大人と一緒に、目を離さないことが大切ですね。

なお、北朝鮮からミサイルが発射され、万が一迎撃に失敗すると、日本へは約7分で到達、Jアラートが発令されるのは発射後約3分と言われています。
つまり避難には4分ほどしか時間がありません。防災無線などでJアラートの音が鳴ったらすぐに屋内に避難しましょう。

by kfutaba | 2017-04-24 11:52 | お知らせ

めろんぐみ かぶと製作

昨日、今日と年長さんは、新聞紙でかぶとを折りました。
練習で折り紙で折った時とは違い、裏表が分かりづらく、破れやすく、大きさを違うので、難しかったと思いますが、みんな頑張っておることができました。
はじめは「わからない」「できない」というお友だちも多かったですが、回数を重ねるうちに、教える側に回る子がいたり「もっと折る!」と張り切って取り組みました。

昨日は自分たちの分、今日は年中さん年少さんのために”内緒”でおりましたよ!
まだ小さいお友だちには内緒です!
今度届けにいこうお部屋で子ども約束をしました。
写真が少なく、申し訳ありません…

d0245035_17131882.jpg
d0245035_17130828.jpg
d0245035_17130302.jpg
d0245035_17123322.jpg

by kfutaba | 2017-04-21 17:15 | 日常
園長です。

自然体験教室「くすのき自然クラブ」のご案内をいただきました。
主催者は神田浩行先生。川崎市幼稚園協会の教員研修の講師としてご指導いただき、私的にも懇意にしていただいております。ふたば幼稚園の多摩川河川敷でもたこあげの際も、干潟館(多摩川の生き物が見られます)で子どもたちにいろいろ教えてくださる優しい先生です。

くすのき自然クラブのホームページはこちら。
親子を対象とした活動が主です。

5月に田植えなどのイベントがあります。
木更津、アクアラインを使えば近いですね。


参加方法はこちら。
5月のイベントに参加できなくても、入会すればいろいろなイベントのメールを送ってくださるそうなので、とりあえず入会しておくと良いですね。川崎区の多摩川での開催もあるようです!

お気軽にどうぞ!

by kfutaba | 2017-04-20 09:04 | お知らせ

りんごぐみ 外遊び

d0245035_12094737.jpg
d0245035_12093624.jpg
昨年に引き続きダンゴムシを探しているお友だち。砂と葉っぱも入れていました。

d0245035_12092414.jpg
見て〜 と裏返しにカラーキャップをかぶって 
「白いから 大根組だね!」と保育者と一緒に笑いました。


大好きなお砂場です。
d0245035_12093088.jpg
d0245035_12091733.jpg
d0245035_12091040.jpg
d0245035_12084374.jpg
砂の感触、お水の感触、泥の感触が気持ちがいいのですね。


トランポリン!?
d0245035_12074954.jpg
d0245035_12075440.jpg

遊具に登って 「先生 見て〜」

d0245035_12080112.jpg
d0245035_12071765.jpg
d0245035_12073456.jpg
d0245035_12072820.jpg
d0245035_12080804.jpg
d0245035_12214516.jpg
d0245035_12213629.jpg

外遊びは 気持ちがいいね!
暑くなったり、寒くなったり、雨だったりの季節ですが
子供達は元気いっぱいです。
まだまだ 始まったばかりなので 保育者もまずは 信頼関係を築くことを第一に
たくさん スキンシップや 声かけ 認めの言葉を多くかけていっています。
 新入園児はもちろん 進級児も クラスや先生が変わったり さみしくなったり と不安定になったりすることもありますので その気持ちを受け止めながら 保育していきたいです!

松平






by kfutaba | 2017-04-18 12:31 | 日常
お帰りの支度をしたばななぐみのお部屋に
素敵なお客さんが来てくれました!

それは…
めろんぐみさん!!

年長になったかっこいいお兄さんお姉さんが
ばななぐみのために
生活のうたを歌いに来てくれたのです!

立ち方もおうたの姿勢も
さすが年長さん!とてもかっこよかったです。
ばななぐみさんもめろんさんと歌って
最後には一緒にさようならをしました!

今度は一緒に遊んだりご飯を食べたりしたいですね♪
めろんぐみさん、ありがとう!
ばななぐみさんも素敵でした!

ほんの一部ですが、今日の様子の写真を
載せておきます。

d0245035_16363019.jpg
d0245035_16371071.jpg
d0245035_16371103.jpg
d0245035_16371137.jpg
d0245035_16371171.jpg
d0245035_16371217.jpg
d0245035_16371295.jpg
d0245035_16371257.jpg

by kfutaba | 2017-04-17 16:46 | 日常
先日の保護者会でお伝えしたかったのですが、時間の関係でお話できなかったことを含めて記しておこうと思います。

ふたば幼稚園の教育の考え方

○ 心に寄り添う
そのお子さんの性格、そのときの気持ち、家庭環境・・・に寄り添って接していきます。
大人の都合でお子さんを動かしたり叱ったりはしません。叱ることはありますが、あくまでもお子さんの生活しやすさ、健やかな成長のためです。

○ 焦らない、急かさない
何かが早くできるようになればよいのではありません。個人差もあります。
急かすとできるようになるかもしれませんが、それは定着しませんし、急かす人がいなければやりません。受け身になったり、不安定になったりします。
乳幼児期はたっぷりと愛情を注いであげる(愛着)ことが大事です。自立を急がせても、その自立はなにかあるとガラガラと崩れてしまいます。
私はよく、「パリの凱旋門のように下がスカスカの自立ではなく、各階ともみっちり(愛着が)詰まったビルのような自立」と例えています。

○ 非認知能力
乳幼児期は「できる」「知っている」という認知能力を育てるのではありません。
「やりたい・知りたい」「なんでだろう?」「がんばる」「失敗も糧に」という「非認知能力」を育てます。それが自己肯定感につながり、ひいては小学校に行ったとき「勉強したい!という気持ちにつながっていきます。
※ 園歌の2番の歌詞に「泣かないぞ」というのがあります。「泣かない子」ではありません。「泣かない」ということができることは目標ではないのです。「泣かないぞ」という我慢する・頑張る心を育てたいという私たちの思いの現れです。

○ 全員で全園児を見る
担任だけでなく全教職員が、どの子のことも見守り、接しています。
これは、 子どもにとって「どの先生にも愛されている」という居心地の良い環境を作るとともに、いろいろな視点で子どもを見て情報を共有することにより、ひとりよがりの保育をなくすという意味もあります。
(ご家庭と園の関係もそうありたいと思っています)

○ 向上心
保育には「これで良い」という到達点はありません。新人であれベテランであれ、いつも自分の保育を振り返り、反省を踏まえてより良い保育を目指しています。

口はばったいですが、これはご家庭の子育てでも同じことだと思います。子どもを育てるということは親も育っていくことですよね。

by kfutaba | 2017-04-17 14:29 | お知らせ
りんご組の先生から ぱいなっぷるさんに手紙を書きました。

りんごぐみの新しいお友達にお歌を教えてください。。。などなどのお手紙を。
もちろん、進級組のお友達は 歌えるのですが 年長さんの歌うときの姿勢、声の大きさ、表情を見て欲しくて、また年長さんも お兄さんお姉さんになったよ! 見せたいな〜という 気持ちや自尊心もくすぐりながの 保育のねらいもあります。
そこで交流を持って 今後 遊んだり お弁当なども一緒に食べられたらいいなと!!
  お互い 緊張していますが 今日の様子です。 角度により 写っていない子もいると思います。
 ごめんなさい!
 
ぱいなっぷるさん
d0245035_12322572.jpg
d0245035_12323209.jpg
d0245035_12321977.jpg
d0245035_12321253.jpg
d0245035_12320531.jpg
d0245035_12280784.jpg
d0245035_12281803.jpg
d0245035_12331037.jpg
d0245035_12325709.jpg
d0245035_12332915.jpg
d0245035_12322572.jpg

りんごさんも最後の歌は 立って歌いました!

d0245035_12303424.jpg
d0245035_12304216.jpg
d0245035_12302729.jpg

ぱいなっぷるさん ありがとう!
りんごさんも上手でしたよ。

松平





by kfutaba | 2017-04-17 14:10 | 日常